家の家事は効率よく済ませたいけれどどうしたらよいか

>

家事は全然苦ではない

この記事をシェアする

モチベーションを保つ

家事の効率化を求める人は時間がない人かかじが苦手な人などが多いでしょう。
私は家事が苦手なタイプです。

家事をするにあたり、なにが一番困るかというと家事をやる際のモチベーションです。
やりたくないのに無理やりやっていると時間もかかりますし嫌な気持ちが増大してやりたくない気持ちが大きくなります。

ですから、家事をする時は最初の予定で時間を決めることです。
例えば、排水溝の掃除30秒、靴磨き30秒、風呂掃除20秒とするのです。
すると、「30秒しかしなくてよいのか」と思えるようになります。

これによりモチベーションも保たれます。
家事がより効率よくできるようになるのです。
家事は根気とやる気なのでしょう。
負けじとやり続けないといけませんね。

効率の良い家事の仕方とは

最後に家事を効率よくやるテクニックをお教えします。
まずは掃除からです。
掃除は目立った汚れがないうちにやると時間を取られるようなことはありません。
朝起きて洗面所に行くついでにモップをかけます。
帰りにもモップを持って動きます。
生き返りの2往復かければ十分綺麗でしょう。

お料理にもひと工夫です。
お料理はまとめて作るのが一番効率的です。
そのためにも下ごしらえをしておくとスムーズにお料理ができるでしょう。

最後は洗濯です。
洗濯は朝より夜にした方が時短になります。
洗濯機のある場所で直接干すのです。
夜のうちに洗濯ものを干しておいて次の日晴れれば日にあてます。
夜に洗濯機を回すので電気代も節約になりますし、言洗濯ものの移動の手間も省けます。
























































































































▲ TOPへ