家の家事は効率よく済ませたいけれどどうしたらよいか

>

家事をいかに孤立よく時短できるかについて

この記事をシェアする

順序を決める

家事を効率よくこなすには家事を進める順序を決めておくのが良いでしょう。
予定を組みつつやると時間に追われ、スムーズに家事をこなすことができます。

この予定を組む際に重要なことが一つあります。
それはやる家事とやらない家事を決めておくことです。
家事はやってもやっても終わりがありません。
一度手をつければずっとやりつづけてしまうものです。

ですから、今日はここまで。と決めてしまうことが最善の効率術でしょう。
やる家事を決めておくことにより時間の削減にもなります。
また、順序を決めて動くことにより悩む時間もないのです。
家事とひとくくりにしてもいろいろあります。
それらをいかにやりやすくやるかによって効率も上がるでしょう。

やらない家事とは

ここでいうやらなくても良い家事というものについてご説明します。

ご飯を作るのは毎食ですから外せません。
ですが、洗濯や掃除は少ししなくても死ぬわけではありません。
とくに掃除はガスレンジのまわりの汚れと言った頑固な汚れは時間がかかります。
こういった時間のかかるものは後日にまわしても良いだろうと言っているのです。

その時に必要な家事だけやればそれで済むのです。
お客さんが来るのであればリビングを片付けるだけに絞ってもいいわけです。
そうやって、少しの時間や空いてる時間に家事をこなしていくことが効率に繋がります。

家事は一気に済まそうとせずに少しずつやっていくのがよいでしょう。
時間がない人はそうやってこなしていくのが実に効率的です。


▲ TOPへ